カルシウムが必要な訳!!

カルシウムが必要な訳は、何か?

骨、血液、筋肉に含まれるカルシウムは、骨や歯を形成します。

カルシウムイオンとして、筋肉の収縮、血液の凝固作用の促進、

脳の神経興奮の抑制などの働きをします。

骨量は、一生のうちで10代でいちじるしく増加、

20代ー30代でピークとなるので、幼い頃にしっかり骨量を

増やさなければなりません。

女性は、40代を過ぎた頃から、骨量が減少していきます(・0・)

骨がスカスカになって 骨折しやすくなりますので、、、

できるだけ 減少を抑えなければなりません。

30代が ピークかぁ、、、、、

がんばって、食べねば。。。。

カルシウムの吸収率が高い食品は、牛乳、小魚、いわし、野菜小松菜

など、1日700mgとれるといいようです。

カルシウムの吸収率を上げるのは、適度な日光浴も効果的です。

カルシウムの吸収を助けてくれるビタミンDは、食べ物以外に、

皮膚からも作られるそうです。

日光にあたることによって、皮膚の下のエルゴステリンが、

ビタミンDに変化し、カルシウムの吸収率を高めるそうです。

晴れた日には、積極的に外で、遊ぶことが、大切なんですね。




カボスをダウンロードしよう
ハローワークインターネットサービス
ユニクロのスキニーを買おう
名神高速道路を快適に活用
| お得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。